Till Eternity

どこよりも遅く、どこよりも曖昧に・・・・

ドラフト会議

ドラフトを振り返る 最終回 悩虎編

去年の10月からですか、遅々として進まなかったこのシリーズもめでたく最終回、本日は我が阪神タイガースです。 総括でも繰り返すと思うのですが、今の阪神のスカウト、たいへん良いです、冗談抜きで。なんで急にこんなに良くなるのだろう・・・・? まった…

ドラフトを振り返る 志獅編 & 堕鷹編

一月というのは野球オタにとってセンバツ出場校決定の知らせと共に終わるのですが、その一報が今年も届きました。 baseballking.jp 二松が選ばれた模様。ちょっと複雑かな・・・・。あんな気の抜けた野球を決勝でやっておいて、去年の覇者東海大相模を出し抜…

ドラフトを振り返る 昇星編

早いもので一月ももう下旬、キャンプインまでの力ウントダウンが始まりました。ということで、去年秋のドラフトの全球団の振り返りにも黄信号が灯ったようです。12球団のコンプーリートはもう潔く諦めます。球団経営に不熱心な檻とヤクはやらないことをお伝…

ドラフトを振り返る 淋鯉編

今回は広島のドラフトについてなのですが、先々週だかラグビーの新リーグについて散々イチャモンをつけた際、 tilleternity.hatenablog.jp どさくさに紛れてカープについても書きました。こんな感じ。 「広島カープのように ~ ”市民球団” と標榜しながら、…

ドラフトを振り返る 勝公編 ②

新しい年も例年だと成人式あたりでそれほど意識しなくなりますよね。企業の括りは年度ですから。正月はあくまでも下期の踊り場って感じでしょうか。なので手帳やノートも4月で改める方も多いのでは、私もそうです。ところが今年はあまり新しい年である2022…

ドラフトを振り返る 勝公編 ①

虎の守護神スアレス、正式に退団が決まりました。耳を澄まさなくても、多くの阪神ファンの溜息、というか呻き声が聴こえてきそうですね。 www.nikkansports.com まあ正直言うと、シーズン中からそうなると思ってはいました。というのは、例のサイン盗みの一…

ドラフトを振り返る 孤鴎編 ③

昨日も取り上げましたが、例年になく、そして依然コロナ禍にあるにもかかわらず盛り上がっているところの神宮大会ですが、高校の部の決勝は大阪桐蔭vs広陵と、恐らく選抜でも山が別れれば決勝での再戦が早くも予想される好カードなだけに楽しみは尽きますま…

ドラフトを振り返る 独鷲編

またまたドラフト関係の更新が滞ってしまいました。申し訳ございません。我ながらその適当さ加減に呆れております。ほんま根っからのダメな奴・・・・。 極北にある当ブログ、基本ボヤきで構成されていることは、読んでいただいている方には重々こ理解いただ…

逆指名にチャンスを与えよ

選挙戦が始まりました。みなさんの周りでも名前を大声で連呼するだけの選挙力ーが走っていると思います。昭和の頃よりお馴染みの光景ではある。がっ、果たして意味があるのだろうか? なんだかんだでみんなやるので、まあ検証しようはないのですが、煩いだけ…

ドラフトを振り返る 彷巨編

一昨日の朝からぐっと冷え込みましたね。私も思わずセーターを押し入れから引っ張り出してきて羽織ってしまいました。10月に入ってからいろんなことがあって、突然のこの寒さが我が身にしみる、そういう巨人ファンの方も少なくないかもしれません。阪神ファ…

ドラフトを振り返る 醒竜編

今年のドラフトもつつがなく終わりました。この時期、すっかり抜け殻になっている人がいるかもしれませんね。一年以上追っかけた選手が犬猿のライバルチームに指名されたりして・・・・。箱入り娘を嫁に出す父親の心情でしょうか。 また祭りの後の寂しさのよ…

【速報】2021 ドラフト

早退しましたわ。まぁ嫁が昨日の昼にワクチン打ったというのもありますけどね、ええ・・・・。いい歳して我ながら社会人失格ですな。 しかし、昨日の阪神の結果が尾を引いて、今日は朝から仕事する気が起きなかった、そういう方は関西に多かったのでは? そ…

2021 ドラフトの傾向と対策 Ⅲ

昨日も酷かったですな、阪神。唯一の救いは昨夜関西地区で中継が無かったことかな。あれは放送しちゃいかんでしょ。事故レベルの試合やで、まったく。 百歩譲って、6回表まで試合になってたとしましょうや、スコアは4ー4だし。ところがその内容ですが、 …

2021 ドラフトの傾向と対策Ⅱ

今週はいろいろとあって、特に昨夜は久しぶりに腸煮えくりかえりましたな。まぁええわ、もう少し我慢しよう。 今週と言えば月曜に発足した新政権ですが、総裁選勝利後に岸田さんが、「総裁選挙は終わりました、ノーサイドです。全員野球で自民党一丸・・・」…

2021 ドラフトの傾向と対策Ⅰ

秋晴れが続きますね♪ ふと見上げればどこまでも蒼くて高い空が広がる、そんな日が一日でも長く続いて欲しいものです。 秋は大好きな季節。もちろんドラフトがあるから、というのもあるかな。昔はドラフト=晩秋でしたが、まぁ高校生の進路もあるので仕方ない…

大会十一日目 予想など

噂の大阪桐蔭が負けました。これでまた外しましたわ、ええ。まぁ優勝はないと踏んでいましたが、ここで負けたことには一抹の寂しさを感じています。それは諸行無常の響きかもしれませんが、奢れるもの久しからず、とまでは思っていません。 この敗戦の理由は…

大会十日目 予想など

今日で十日目、なんとかここまで漕ぎ着けました。まさに阪神園芸さまさまです。 でっ、今日の予想の前に、昨日のおさらいなのですが、なんと二試合も落とした・・・・。盛岡大付勝利も驚きましたが、長崎商が専大松戸に勝つと予想できた方がいたとしたら、貴…

やらかす奴 現る!

プロ野球開幕と同時に意外な展開。鯉登の季節まで走るのでしょうか? www.chugoku-np.co.jp 原動力は新守護神栗林。そしてそこまで継ぐ森浦、大道、新人の三人。きっと広島営業サイドは松田元オーナー陣頭指揮の下、このトリオの命名をファンから募って、積…

新人選手定点チェック Ⅱ

阪神佐藤、また打ちましたね。まだオープン戦なので、半信半疑なのですが、スイングスピードといい飛距離といい、真剣に日本人離れしてます。エグ過ぎ。 確かドラフト前に和製ベリンジャーと書いたかと思うのですが、かなり本家に近いものがあります。すでに…

新人選手定点チェック!

二月の中旬ごろから花粉症が酷くなりまして、こんなの10年ぶりぐらいですか、今年は飛散量が多いようで、皆様におかれましてはいかがお過ごしでしょうか? でっ、先月末に堪らず病院に駆け込みまして、薬を貰ったのは良いのですが、飲むと眠いは怠いわ・・・…

今度こそ最終回 佐藤蓮編

アメリカがえらいことになってますな・・・・。トランプ陣営よりantifaの方が一枚も二枚も上だったってことか。これだけ選挙前から組織だって戦略的に行動できるってことは、裏には糸を引く誰かが、と勘繰りたくなります。 とにかく今年は楽観論は禁物。何が…

ドラフト雑感最終回 佐藤蓮編

本日というか、アメリカにとって1月6日は特別な一日になるかもしれませんね。もちろん日本にとっての今日、1月7日も。そしてそれは世界にとっても同じです。 どうもここのところ、特別な一日が取り返しのつかない一日になってしまう、そんな日々が続いて…

阪神新人選手Check Ⅱ

取りあえず今回の阪神の残り三人で、去年からのドラフトネタは終わりにしたいと思います。西武の渡部が残っていますが、彼は今年の新人選手の一人ではなく、これからの候補選手にも影響を与える物件、つまりこの前のドラフトという枠では括れない選手なので…

タイガース新人選手Check

正月三が日もあっという間ですね。まぁ三日ですから当たり前の話ですが、みなさんはどのようにお過ごしでしたか? 私はもうちょっとブログに時間を費やせると思ったのですが、案外上手くはいきませんな。誘惑が多く、その分気合が足らんようです。 でっ、タ…

ドラフト雑感:阪神編 ①

今年も後四日で一年が終わりますね。長かったか短かったかは微妙ですが、プロ野球という観点で申し上げれば、シーズンは短縮して行われましたので短かったことになります。簡単に振り返ればソフトバンクの圧勝と、セリーグの弱さが際立ったシーズンというこ…

ドラフト雑感:高校生投手編

もうドラフトから二か月経ってるというのに、まだやってるよこの人って感じでしょうな。いかんいかん、本当なら一カ月ぐらいで上位指名選手についてサクっと書くのが常識でしょうに。 とりあえず今日高校生投手三人終わらせて、それで後は西武の渡部と阪神の…

ドラフト雑感:番外編

先週、今年の高卒野手について ”無農薬” と表現しましたが、判り難かったかもしれませんので補足すると、強豪校における指導っていうのは、こういう言い方は失礼かもしれませんが、”農薬” 的な側面もあるのだろうなと。つまり、速い球を投げられてもストライ…

ドラフト雑感:無農薬な選手編

早いもので気が付いたらもう師走、今年は新型コロナ一色の一年でしたが、野球界にあってこの影響を一番受けたのは、何んと言ってもNPBの売り上げなのですが、これは来年取り返せなくもないので、そういう意味でナチュラルに被害が深刻だったのは高校球児たち…

ドラフト雑感:平内龍太編

各チーム、新人選手の入団発表会が開かれ始めました。その裏で、本日トライアウトも行われたようです。来る人去る人、そして再び入ろうとする人、それぞれがベストを尽くして欲しい、そう願っています。 野球はいつでもできますが、この国の最高峰のレベルで…

オリックスの背負う大罪

先月の末ですか、例の彼がオリックス球団と仮契約したそうです。まぁ、黙ってるつもりでした。ですが、一昨日また、牧田勝吾編成部副部長さまのコメントが記事になりまして・・・・。 www.sponichi.co.jp まともな野球ファンが読んだら、頭がおかしくなりそ…