Till Eternity

どこよりも遅く、どこよりも曖昧に・・・・

ドラフト会議

アマ野球総括 24 春

この春に気になったアマ野球選手を一気に紹介!!

2023 ドラフト点検 阪神編

どこよりも遅い、2023 阪神ドラフト解説はコチラ

新人王予想 文春砲など

年明け早々文春砲が炸裂したそうです。 私は大阪生まれの阪神間育ち。今回の標的である松本人志とは同じ学区。確か彼は兄と同い年だったかと記憶しています。 ダウンタウンがブレイクした当時、私は学生で東京にいました。帰省した際、TVで視た彼らの漫才…

巨人ドラ1西舘勇 そして台湾

台湾の総統選挙までいよいよ一週間を切りました。日本の未来をも左右するだけに気が気ではありません。中国からの干渉がどこまで及ぶのか。世論調査の捏造やフェイクニュースに経済的な揺さぶり、そして選挙結果も捻じ曲げる気満々でしょうから、中国による…

謹賀新年 そして度会など

明けましておめでとうございます。今年が皆さまにとって良い年となりますこと、心よりお祈り申し上げます。また、一日に発生した能登半島地震の犠牲者の方々には謹んで哀悼の意を捧げますとともに、被災された方々にお見舞い申し上げます。 さて、今日や明日…

2023 ドラフト点検 その他パリーグ編

年の瀬らしくなってまいりました。それは良いのですが、朝の寒さは病み上がりには堪えます。雨の朝ももちろん困りものですが、放射冷却が一番辛いですね。 ドラフト点検も残すところは口ッテ、ソフトバンク、そしてわが阪神。なんとか年内に終わらす所存です…

2023 ドラフト点検 その他セリーグ編

風邪ひきまして、熱出して寝てました・・・・。更新間隔が空いてスイマセン。 しかし、発熱外来って相変わらずテキトーにしか診てもらえませんね。倉庫みたいな場所で、アクリル板越しに喉見せてはいお仕舞、わずか30秒。金だけ取られた、3,500円なり。な…

2023 ドラフト点検 西武編

西武は今年もクジに勝利し武内を射止めた。常にクジに勝っているわけではないが、三球団以上の大勝負に強い印象がある。あれこれ裏から手を回すことばかりが得意であったこの球団が、依然クジ運に恵まれたままというのはどうなのか。一方でクジを外し続ける…

2023 ドラフト点検 巨人編

今年の巨人のドラフトは評価に値すると素直に思っている。高校生を指名しなかったことで批判に晒されているが、今年の高校生レベルなら、という割り切りがあったのであろう。 実際、世代トップは下級生の頃から四天王と持て囃され、それが裏目に出たようだ。…

2023 ドラフト点検 楽天 後編

アジアCSを連覇で終え、侍ジャパンは面目を保った。一方アマ野球では同じ日に日本選手権が、そして翌日神宮大会がそれぞれ決勝と、まるで申し合わせ雪崩れ込むように、今年の野球界は幕を閉じた。正直、長かったなぁ、という印象。 オタとしては、冬支度が…

2023 ドラフト点検 楽天 前編

ドラフト直前であったか今年の高校生は不作である、というようなことを書いた。原因はコロナ。彼らが中学生時代、まともに野球と向き合えない時期があったことを理由に挙げた。空白期間とまではいわないが、球児たちに間違いなく影響を与えたと思う。 そんな…

2023 ドラフトの勝者は?

前回申し上げた通り、阪神の連覇について書こうと思っていました。がっ、友人から今の時期はドラフトについてを書いておけ、というアドバイスをいただき、有難く受け止めそうすることにいたします。 確かに、日本一の騒動が落ち着くまで、世間様は提灯記事や…

ドラフトスケッチ 2023

阪神がどうなったかは知らん! 昨日怒りに任せて書き忘れてましたが、甲子園初戦、ふくもっさんが三塁側で観戦していたのですよね・・・・、まぁいいっか。 というわけでドラフトである。このところアクセス数が急増している。やはりドラフト、そう思った。…

2023 ドラフトを振り返る

今年もドラフトが無事終わり、息つく暇もなく日本シリーズである。だが、ここは少し束の間の余韻に浸らせていただこう。 今年のドラフトはあれこれ考えさせられる、そういうドラフトであった。注目していた椎葉を贔屓チームが指名できたことで、それらのすべ…

2023 ドラフトを終えて

椎葉獲ったどーっ! いやぁ、びっくりしましたわ、今年もまさか一番注目していた選手がうちに来るとはね・・・・。 どんでんはこういうタイプ好きじゃないと思っていましたが、指名しよりましたわ、しかも二位で。去年もそうでしたが、まだ信じられません。 …

2023 ドラフト 妄想完全予想!

一昨日また寝落ち、そのまま更新、といういつもの失敗を繰り返してしまいました。今回ばかりは重く受けとめそのまま放置したい! 二度と繰り返さないよう戒めの意味で、ええ。ただタイトルだけ少し変えようかな。 でっ、泣いても笑ってもドラフト当日はやっ…

虎先勝 ドラフトなど

もみじ饅頭みたいなもん配るからぢゃ! 序盤の阪神のもたつきに、思わずそう怒鳴った方も多かったのではないでしょうか、私がそうです。 それにつけてもやりまっしゃろ、森下。あいつはやらかす奴なんやと、ブログ立ち上げ時からずっと言い続けてきましたが…

運命の一戦を前にして

いよいよ5時間後である。まさに日本のラグビーの ”現在” が問われようとしている。 その前に少し今大会の ”流れ” をおさらいしたい。 www.chunichi.co.jp 記事によれば南半球の三強に翳りが見えるのは、コロナによる実戦不足と結論付けている。さもありなん…

2022 ドラフト検証 ストップウォッチ編 Ⅱ

明日からキャンプイン。去年のドラフトの話をできるのも今日まで。 ということで昨日の続きである。 1.内田 湘大(利根商 ⇒ 広島) 0:56 50秒台ということは、恐らく想定通りか。 無名ながら、内田は個人的に蓋を開けたら二巡目の上の方で指名されると踏ん…

2022 ドラフト検証 ストップウォッチ編 Ⅰ

というわけで、去年のドラフトの検証、ストップウォッチ編です。 何をしたかというと、2位以降の指名が、一つ前で指名したチームから何秒掛かったのか、早い話それだけ。ウエーバーなので、競合指名は出来ない。つまり既に名前の挙がった選手以外から指名し…

2022 ドラフト検証 コロナ明け嘆き編

また一ヶ月ぶりの更新となってしまいました・・・・。 思い起こせば3年前のGW明けから始めた当極北のブログ。当時はコロナが蔓延し始め、在宅勤務も増えて通勤時間もなくなり、これなら行けんじゃねぇ、そう思って始めました。 あれから早いもので二年半の…

2022 ドラフト 検証 ぼやき編

いやぁ、また一ヶ月サボりましたが、その間、遂にコロナに罹患、しかも妻も娘も!一家そろって十日ほど自宅に引き籠りを余儀なくされ、一応会社に義理立ても必要ということで、ブログの更新は自粛いたしました。 しかしその間、日陰の身としては暇を極めたの…

2022 阪神ドラフト 振り返り Ⅲ

必殺の文春砲来ました! bunshun.jp 勝負に出ましたね。仰せの通り公選法違反ならば、クビで良いんじゃないっすか? でっ、当然こいつもバンドルでな、 林芳正外相”悲願の総理就任”に待ち受ける「3つのハードル」①「人望」②「勝負勘」③「女性関係」それ以前…

2022 阪神ドラフト 振り返りⅡ

なんかウクライナ戦争、終わりが見えて来ませんね。ウクライナの停戦条件はクリミア半島込みで元に戻してもらう、それが大前提になりますから、そうなると長引くでしょうな。まぁ、当たり前のことを言ってるわけで、世間も大方そう見ているのでゼレンスキー…

2022 阪神ドラフト 振り返りⅠ 一部訂正

すでに旬を逸した感はあるのですが、アストロズのWS優勝で今年のベースボール界は幕を閉じました。 www.sanspo.com ご存じのようにアストロズは過去にサイン泥棒をやっておりました。がっ、潔くそれを認め、そこから三年で正真正銘の世界一に駆け上がった…

森下ウオッチャー回想記 Ⅳ

松山遠征初日、松山城に大観覧車くるりん、子規堂、石手寺などを散策し〆は道後温泉で旅の疲れを癒すという完ぺきなプランニングで妻と娘を接待した私は、翌日の旅程について、「よーし、明日は 坊っちゃんスタジアムでも行っちゃうー?」そう明るく切り出し…

森下ウオッチャー回想記 Ⅲ

日本シリーズも佳境に入りましたが、ドラフトネタには不自由しません。特にこれには驚いた方も多いはず。 www.ronspo.com この疑問に対する答えじゃないか、というのがこれ、 www.youtube.com まぁ話半分ですが、いろいろとあるのだろうとは思います。ウラが…

森下ウオッチャー回想記 Ⅱ

なんだかんだであれから四日。ドラフトネタは一区切りで、球界は日本シリーズで宴も竹縄って感じなんですかね、知らんけど。 もちろん天邪鬼の私はといえば、相も変わらず指名選手の姿をここまで録りためたアマ野球の動画の入ったHDDから必死になって探し出…

森下ウオッチャー回想記 Ⅰ

阪神ファン兼ドラフトオタのみなさん、お疲れさまでした。一昨日は興奮して、もしくは落胆で寝つきが悪かった方も多かったのではないでしょうか。まぁ私はというと、比較的ゆっくりと眠れましたけど、その代わり朝は早めに目が覚めましたね。やっぱりスポー…

阪神森下爆誕!

まだ夢を見ているようです・・・・。 三年前、一年の春で大学侍JAPANに選ばれたとの報を受け、森下を観に松山へ行った日のことを思い起こします。 森下は 三年前から、”やらかす奴” 、そう言い続けてきましたが、まさかうちに来るだなんて。江越がいなくなっ…