Till Eternity

どこよりも遅く、どこよりも曖昧に・・・・

アマ野球総括 24 春

この春に気になったアマ野球選手を一気に紹介!!

阪神連覇へのヤマ!?

阪神、連覇へのヤマ到来!! 鍵を握るのは誰だ?

花園の明日はどっちだ!?

”花園をラグビーに返せ!” FC大阪のやるやる詐欺を追求する

日本ラグビーの 明日はどっちだ!?

求む、快速BK! 日本ラグビーの明日はどっちだ!?

両雄並び立たず!!

阪神における、わらし姉妹とアイブラック兄弟の複雑な関係!?

プロ野球 風評飛語 Ⅰ

プロ野球について風のように評し、飛ぶが如く語ります!! あくまで噂ですけど・・・・

NPB ペナント一巡目を終えて

NPB開幕から三週間。姉さん女房的観点で今シーズンを占う!?

こないだ速報 24.04.01

おめでとう、健大高崎初制覇!

2024 センバツ雑感

この国の高校野球のレベルを上げるその鍵とは、あくまでストロングスタイル!

【悲報】光星敗れる!!

光星敗れる! 出家します、探さないでください・・・・

2024 センバツ 懺悔編

hochi.news 中崎君・・・・。いきなり四球・・・・。 森下も怪我、井上も怪我・・・・。 しばらく旅に出ます。

2024 センバツ四日目

甲子園にラッキーゾーン復活、待ったなし!!

2024 センバツ二日目

大会二日目、番狂わせ来る!!

2024 センバツ展望

センバツの覇者はこの高校だ!?

『球界転生』#2

甦った伝説の男たちが、己の生き様を 白球に託し、令和の世に間いかける

2024 キャンプ総括

2024 プロ野球キャンプを総括! ヤバい球団選手を品定め?!

『球界転生』#1

甦った伝説の男たちが、己の生き様を 白球に託し、令和の世に間いかける

2024 キャンプ事件簿

今年のキャンプの気になるところを事件簿にまとめました!

発表 2024 キャンプ前半大賞!

キャンプ前半大賞は横浜の石上に決定!!

森下ウォッチャー回想記 小言編

森下ウオッチャーが、虎の希望だからこそあえて一言!

2023 ドラフト点検 阪神編

どこよりも遅い、2023 阪神ドラフト解説はコチラ

FA二景

山川FAの余波に見る、選手とファンと球団の重ならない思惑!!

新人王予想 文春砲など

年明け早々文春砲が炸裂したそうです。 私は大阪生まれの阪神間育ち。今回の標的である松本人志とは同じ学区。確か彼は兄と同い年だったかと記憶しています。 ダウンタウンがブレイクした当時、私は学生で東京にいました。帰省した際、TVで視た彼らの漫才…

巨人ドラ1西舘勇 そして台湾

台湾の総統選挙までいよいよ一週間を切りました。日本の未来をも左右するだけに気が気ではありません。中国からの干渉がどこまで及ぶのか。世論調査の捏造やフェイクニュースに経済的な揺さぶり、そして選挙結果も捻じ曲げる気満々でしょうから、中国による…

謹賀新年 そして度会など

明けましておめでとうございます。今年が皆さまにとって良い年となりますこと、心よりお祈り申し上げます。また、一日に発生した能登半島地震の犠牲者の方々には謹んで哀悼の意を捧げますとともに、被災された方々にお見舞い申し上げます。 さて、今日や明日…

2023 ドラフト点検 その他パリーグ編

年の瀬らしくなってまいりました。それは良いのですが、朝の寒さは病み上がりには堪えます。雨の朝ももちろん困りものですが、放射冷却が一番辛いですね。 ドラフト点検も残すところは口ッテ、ソフトバンク、そしてわが阪神。なんとか年内に終わらす所存です…

2023 ドラフト点検 その他セリーグ編

風邪ひきまして、熱出して寝てました・・・・。更新間隔が空いてスイマセン。 しかし、発熱外来って相変わらずテキトーにしか診てもらえませんね。倉庫みたいな場所で、アクリル板越しに喉見せてはいお仕舞、わずか30秒。金だけ取られた、3,500円なり。な…

2023 ドラフト点検 日ハム編

今回取り上げるのはファイターズのドラフトです。ここについては色んな取り方ができる。「野球太郎」の表紙を射止めた良いドラフトだったと言い切ることも、逆に補強ポイントを埋められなかったと見ることも可能。最下位ですからね、なのに五人で打ち切っち…

2023 ドラフト点検 西武編

西武は今年もクジに勝利し武内を射止めた。常にクジに勝っているわけではないが、三球団以上の大勝負に強い印象がある。あれこれ裏から手を回すことばかりが得意であったこの球団が、依然クジ運に恵まれたままというのはどうなのか。一方でクジを外し続ける…

2023 ドラフト点検 巨人編

今年の巨人のドラフトは評価に値すると素直に思っている。高校生を指名しなかったことで批判に晒されているが、今年の高校生レベルなら、という割り切りがあったのであろう。 実際、世代トップは下級生の頃から四天王と持て囃され、それが裏目に出たようだ。…