Till Eternity

どこよりも遅く、どこよりも曖昧に・・・・

お久しぶりです!

 とまぁ、そういうわけで、二カ月ほどサボってしまい、誠に申し訳ございません。

 生来の怠け癖に私事が重なり時間の遣り繰りができなくなったうえに、安倍退陣にトランプ敗色濃厚というわけで、やる気もすっかり薄れがちですが、ここから年末にかけて巻き返しますよ、ええ(ホンマかいな)。

 サボってる間にもいろいろありましたな。でも、なんか傍らを次々に流れていくものをぼんやりと眺め続けているだけで、そこから特に何かを感じることはできなかった、そんな二カ月だったかな。というのも、菅政権がどんなものなのか、例えば安倍路線をしっかり継承してくれるのかとか、二階、麻生両氏との関係なんかも、もうしばらくウォッチしないと判らないし、東アジアの情勢も日中韓3か国の首脳会議がどうなるかで変わってきます。

 アジア以外で言えば、日英のEPAや米日豪印4ヶ国連携もトランプ次第というわけで、現段階で何も申し上げることはございません。ただ漠然とですが、中国の望む方向に進んでいる、というのはひしひしと感じますね。このあたりは流れなので、一度風向きが変わるとそれを元に戻すのは難しい。つまりは表立っていうと安倍退陣から起こった流れ、これはアメリカにも確実に飛び火しています。そして裏から言えば、すべてはコロナが巻き起こしているわけです。東京オリンピック延期しかり、トランプの劣勢しかり。しかも中国発祥の新型コロナが見事にトランプに感染するという・・・・、それも図ったように大統領選一月前に・・・・。すべては流れなのです、一寸先は闇というわけ。もう目の前のものも暗くてよく見えないし、明日のことさえわかりようがありませんな。あっ、でも結構はっきりわかることもあるっちゃあるわ、ええ。それはなんと申しましても、阪神球団が組織として腐りきっているということと、日本ラグビー協会の両トップが能無しってこと、それぐらいかな、はっきりしていることは、あははははぁ・・・・。

 

<本日のやる気>

 

 今日はドラフト

f:id:TailEnder:20201026014046p:plain

 今日は野球オタクにとって最大のイベントであるドラフト会議ですね。こんな私ですが二十年前ぐらいまでは真剣に、自分を密かに追いかけ見守る、そんな球団がどこかにあって、そしてあまつさえ指名してくれるのではないか、そんな神妙な面持ちでこの日を迎えたものでした(半分ホント)。ああ懐かしい。

 ドラフトの素晴らしいところは、どこの球団のオタの糞野郎も平等に同じ土俵に立てる、この一点に尽きるのではないでしょうか。ペナントすら開幕して三日もすれば順位に差が出るわけですから、それに続くオールスターやCS、日本シリーズというのはそこにいる球団を選んでいるわけですよ、当たり前の話。裏を返すと5月からストーブリーグ突入なんてのも普通にある。そこをいけばドラフトというのはそれがないわけですわ。経営努力をまったくしない屑球団ですらドヤ顔で大手を振って参加できるわけです。ですから屑球団を応援している糞野郎どももいい気になって後からワラワラとついてくるわけですよ、それが良いか悪いかは置いておくとして。ですからドラフトオタとかネットスカウトとかいうのにはロクな奴はいません。糞野郎ばっかりです、ええ・・・・。私を含めてですが。

 しっかしである、今年は複雑ですね。甲子園はないし、大学リーグも社会人も縮小・延期ということで、直接間接、選手を観る機会が限られていました。Youtubeがあるので助かってはいますが、いかんせん物足りないです。ただ、幸か不幸か今年は不作。去年の秋ごろからすでに少し淋しいなと感じていました。選抜が始まればレベルも面子も熱量も変わって来るかもと思いましたが、結果春どころか夏もなし。っていうか高校どころか、今年は大学社会人通じてここまで全国大会は一度もなしってことで、選手からしてもアピールの場のない辛いシーズンだったのではないでしょうか。

 というわけで、特にニーズがないのは百も承知の上で、今年のドラフトの目玉たちについて独断と偏見で気力の続く限り語ってみたいと思います。

 早川隆久 投手 180cm80kg 左左 早稲田大

f:id:TailEnder:20201025165303p:plain

 去年の夏に直接何試合か観たのですが、当時から大学侍JAPANのほぼエースだったように思います。恐らく一番頼りにされるのだろうなと感じましたが、実際そういう使われ方をしていました。がっ、森下を上回るものは感じることができなかった、才能という意味で。しかし、この秋少し腕の位置を上げ、MAX155キロを記録。角度も付き見違えるように変わったと誰もが言う彼の姿が神宮にあったそうですが、ホンマかいな?神宮のガン、どうも最近甘いような気がするのだが・・・・

 よく今永と比較されますが、彼のように振りかぶる時などに伝わってくるバネを感じることができない(まぁ基本早川はセットなんですけどね)のと、肘に古傷があるのが少し気になる。

 ”球持ちの良さ”を付加価値として挙げられてもいるが、果たして打者から見てどうなのか・・・・?タイプ的には先輩の和田よりも、ボールを叩くように投げるので藤井に近い。それと変化球で腕の振りが緩むのもどうかと。

 最大6球団競合との噂もあるが、最終的には三つ(ロッテ、広島、ヤクルト)ぐらいに絞られるのではないでしょうか。結局今年もロッテか!

 

 高橋 宏斗 投手 183cm84kg 右右 中京大中京

f:id:TailEnder:20201025172814p:plain

 今年春夏の甲子園があれば連覇もありえた中京大中京の大エース。最速154キロ、縦スラ、落ちるツーシームと変化球も自在に操る逸材。

 左肩が早く開き、すぐに打者と胸が合うが、そこから繰り出されるややスリークォーター気味の腕の振りは出色。恐らく他の上位候補と比べても分解写真で一コマ少なく振り終えていると思う。それぐらい速い!過去の投手で言えば中日の大エース小松がこのタイプ。ただピッチングフォームが誰に一番似ているかと言えば、元横浜の矢野かな・・・・。といっても法政時代のね。良い球投げてましたよ、ホンマホンマ。要は左打者をどう凌ぐかでしょうね。フォームの見易さや球の出所の判り易さを逆手に取るぐらいの図太さが欲しい。取敢えず中日単独指名が有力。中日に地元のスターが揃うのは人気の面で素晴らしいことだと思います。ナゴヤドームを青で埋めろ!

 

 佐藤 輝明 三塁手・外野手 187cm94kg 右左 近畿大

f:id:TailEnder:20201025181810p:plain

 顔面的には阪神だろ。パーツパーツは悪くないのだが、それが集まると何故か百姓顔(佐藤の場合は落ち武者経由の農奴って感じ)になるという、掛布-岡田-平田~(略)~球児-陽川ー大山の系譜である。まったく惚れ惚れするわ。特にこの情緒不安定気な口元、そこはかとなく猛虎魂を感じてしまう。顔だけで後100行ぐらい書けそうではあるが、それは悪趣味なのでやめることにする。

 一方実力の方はどうなのか?サンプルに最適な存在として辰巳(楽天)がいるのだが、ホームラン以外のすべての数字で大きく下回っている。その辰巳ですらここ二年苦しんでいるのだからきっと彼も苦しむのだろう。運動能力は抜群らしいがそれならうちの江越は・・・・(自粛)。

 細かいことは苦手なので、内野はファーストしかできないと思う。もし三塁を守らせたら間違いなく打撃に影響出るでしょう。ベストは外野です。しかし、彼のスイング、youtubeに転がっているのでご覧いただきたいのだが、まったくもって観る価値あり!しゃくり上げるようなその高速スイングはまさに和製ベリンジャー(ベリンジャーは左投げ左打ちなので根本的にスイングの質は違うが)だっ!

 更に上がり目というか、彼に対する高評価を補強するのは巨人がご執心な点か。あの位置にもかかわらず空クジ覚悟で特攻するようだ。最近の巨人スカウトの観る眼は悪くないというか、むしろ良い。村上をもっとも高く評価していたのも実は巨人だったのだ。結局クジで負けるのだが、そのトラウマが佐藤指名を後押ししているのかもしれない。もし西武まで参戦したら彼の将来は約束されたも同然だろう。そして最後は望まれているところに落ち着くのではないでしょうか、つまりは巨人!

 

 中森 俊介 投手 182cm88kg 右左 明石商

f:id:TailEnder:20201025220103p:plain

 今年に入って評価を下げているそうです・・・・、ってか、どこで下げたんっすかね? 公式戦なんかなかったのに・・・・?

 結局、一年から甲子園で交流戦も含めて9試合も投げたので、みんな飽きたんでしょ! しかも二年の春に150キロを計測し、当然最終学年には155キロは投げてもらわないと、みたいな完成図を勝手に作り上げた感じ。総合力で高校NO.1投手だと思いますよ。

 技術的にはテイクバックが年々小さくなっていったのが気になるところですが、まわりは恐らくそれをして完成度は高くなったが迫力に欠ける、みたいな言われ方をしているように感じます。でもこの子は相当賢いので、いかに打者に腕を見せないかってところから逆算して今のフォームに辿り着いたように思います。

 球種的にはスライダー、フォークもありますが、120キロ台の大きい方のスライダーというかカーブ、曲がってから速くなるタイプでプロ入り後も打者目線で邪魔な球になると思います。また、投球後に一塁側に流れるタイプではないので、シュートももっと鋭いのが投げられるようになると思う。

 一点気になるのは体の硬さかな・・・・。強い分硬い、そうポジティブに捉えたいですね。
 

 牧 秀悟 二塁手 178cm93kg 右右 中央大

f:id:TailEnder:20201025223255p:plain

 評価が分かれるタイプです。正直、プロでセカンドは無理かと。となると三塁か一塁。よく、選手評で ”守備もそつなくこなす” みたいな表現に出くわしますが、そういう選手は大抵の場合下手です。そんな牧が二年までショート守ってたんですよ! この大学はアジャ井上に平気でサードを守らせるような芸風があるので、それもむべなるかなと思っていましたが、マジ下手糞でした。でっ、去年の春からセカンドにコンバート。しかしご覧のようにパンパンに太った影響か前への出脚はほぼなし。サードも怪しいな。

 よく将来像として内川に例えられたりしますが、それは褒め過ぎ。最高で宮﨑。しかも守備は宮﨑ほど上手くはないという・・・・。

 じゃぁ、取柄は何かといえば、メンタルでしょうね。とにかく勝負強いです。これは実際プロ入り後にしか判って貰えない部分なので、ここで皆さんとは共有できない、ということで評価は難しいと思います。去年も何か知らないけど、いつの間にか大学侍Jの四番打ってたでしょ。あれって調子が良いので抜擢されたのではなくて、練習試合からそうでした。不思議と関係者から評価されるタイプでもあるのです。

 技術的にはご覧の通りグリップの位置が高いです。上から叩いてシバキ倒す感じ。打撃の神様川上哲治氏がご存命なら激賞されたことでしょうね。もちろん来年の春のキャンプの1クール目に直されると思いますが。外れでホークスかな。

 

 というわけで、早川以下五人について適当に書いてみました。個人的に例年のレベルで文句なく1位というのはこの五人かと。ただ牧は厳しいかもしれませんね。やっぱり今年は不作です。

 いやいや、他にもようけ1位候補がいるやんけ、って方向けに簡単にコメントしていきますね。

 その他候補選手

 まずは山下舜平大(福岡大大濠。中森が夏前から評価を下げた分、この投手が上がった感じでしょうか。個人的には2位相当だと思います。テークバックで背中に捻じりながら手首を回すのも気になりますね。二年前の浦学の渡邊ですら2位ですから、彼より上のものがあるとは現段階で思えない・・・・。どの位置で指名されるのか楽しみです。

 次に社会人NO.1の栗林良吏(トヨタ自動車)。年齢的にもまとまっているのですが、伸びしろを感じません。大学時代から有名な投手でしたし。社会人で伸びた・・・・?  コロナで投げる機会が減って逆に得したタイプではないでしょうか?

 伊藤大海(苫小牧駒沢大)はすでにファイターズが1位確約。地元の星なだけに素晴らしい! 大英断だと思います。

 この投手も去年直接観ましたが、タイプ的には二年前の国学院の清水とほぼ相似形です。力投型で気持ちの良いピッチングをします。長いイニングよりセットアッパーで1イニング限定で力の限りを尽くす、そういうのが合ってるのではないでしょうか。そういえば清水も1位か。方や入札1位。方や外れ外れで1位。二年前も不作の方でしたから、このあたりにも今年の苦しさが伺えるように思います。

 木沢尚文(慶応大)は指名しやすい投手だと思います。馬力だけでなくセンスも感じさせます。真上から叩きつけるような力感のあるフォームですが、身体の使い方はむしろしなやかで非常にスムーズ。私がスカウトなら一本釣りしたいですね。私好みなタイプです。ただ高校時代から怪我がちなところが気になるかな。この投手がこの位置にいることが、不作と言われる今年のドラフトの救いであり不思議なところではないでしょうか。

 次に私的に順位の気になる高校生野手二名。

 一人目は来田涼斗(明石商)。金属バットをボールにぶつけるようなあの打撃スタイル、プロで通じるかとか通じないとかじゃなくて、スカウトがどのように評価しているのか? 更には牧のところで触れましたが、この選手もメンタル滅茶苦茶強いのですよ。そういった付加価値についても評価のされ方を知りたいですね。

 二人目は元謙太(中京高)。身体能力の高さと、去年の夏の逆転満塁ホームランからか結構評価高いです。誠也二世の声も。技術的にとにかく突っ込んでポイントを前にして打つ独特の打撃フォーム、これがどのように評価され、どう矯正されるのかも含めて是非知りたいですね。いやぁ楽しみだ。

 

 最後に個人的な一押しの選手を。

 私的一押し:五十幡 亮汰 外野手 172cm67kg 右左 中央大

f:id:TailEnder:20201026004225p:plain

 

 この選手、とにかく脚が速い。恐らく球界歴代最速ではないでしょうか(飯島秀雄氏除く)? 全中100、200制覇も凄いが、サニブラウンにも勝ったという超韋駄天ぶりがプロのステージでプレーとしてどのような形となって表現されるのか、非常に興味があります。よく走り打ちが改まり振り切れるように、という報告が見受けられ好意的に語られていますが、これぐらい脚が速い選手なら、走り打ちに徹しても良いのではと個人的に思っています。いつも近本が何かとフルスイングをするのを苦々しく眺めているもんですから、ついついそう感じるのかもしれませんが・・・・。

 この選手を獲ったチームは、すぐにではないかもしれませんが、根本から変われるような気がするのです。ゲームチェンジャーといえば一発長打の選手の持ち物のように思われがちですが、五十幡の脚にはそういった破壊力、というか凄みがあるように思うのです。

 まぁ、どこにどの順位で指名されるのか、楽しみに待ちたいと思います。

 ホントの最後にもう一つ、ヤクルトの岡林スカウト(中四国担当)の動きからも目が離せません♪ 果たして指名選手が出るのでしょうか、注目しましょう! こちらも楽しみでなりません♪ いやぁ、やっぱドラフト最高ーっ!

 

 昨日のそういえば阪神

 巨人に勝ちこしたそうですが、遅すぎっ!

 矢野は四人以上の会食の責任を一手に引き受けて、僕が辞めるので、選手は許してやってください、ぐらい言えよ! ボーアをクビにするとか、雰囲気最悪のチームに未来はない!

 

 こないだのラグビー

  なんの情報発信もなくやる気なし。今頃Numberでも読みながら、藪木あたりとつるんでニタニタしてるんたろな。

 森、清宮、はよ辞めいーっ!

お疲れ様、安倍総理

f:id:TailEnder:20200828233234p:plain

 まぁ、そういうわけで、安倍総理が辞意を表明されました。

 私から申し上げることなど何もございません。

 

this.kiji.is

 こ、これ・・・・、一番アカンやつや・・・・。

 

 冷静になろう・・・・。

 日本という国は素晴らしい国です。決して人に表立って言うことはありませんが、この国に生まれたことを幸せに思い、日本人であることを、普段の生活の中からもそんな風に誇りに感じています。

 でも、日本は小さな島国です。だからわれわれには仲間が必要です。

 ここからの十年ぐらいでしょうか、きっと価値観を同じくする仲間と互いに手を取り合い、肩を組み共に生きる、そんな時代がやって来ると思います。そこで試されるのは外交です。きっと今以上に、島に生きるわれわれにはその力が問われてくる、そう思っています。

 この国の新しいリーダーが国際的なお披露目の場で、GDP3位の国だからとか、G7の一角だからとか言われて、いきなりリスペクトされることはありえません。注目こそされますが、残念ながらそれだけです。どこの世界でもそうですが、新米は雑巾掛けから始めなければならないのです。

 たとえばカナダのトルドー首相はまだ48歳ですが、もう5年もの間、一国のトップの座に就いています。誰が次の総理になるかは判りませんが、当然、彼に対しても、何かと下から下から入らねばなりません。年齢ではなく、外交デビューした年が付いて回るからです。芸人の世界の縦関係に似ているかもしれませんね。

 その一方、日本のまわりには中国やロシアという超大国があります。大きく矛盾するようですが、習近平プーチンと互角に渡り合う、その力こそが、この国のリーダーには早急に求められることになります。待ったなし、つまりはそういうことです。

f:id:TailEnder:20200829003008p:plain

 

8月28日という一日

 毎年この時期は暑さでヘロヘロになって、家に帰ってからは何にもする気が起きないのですが、今日は特別な一日なので苦手な冷房をつけて頑張って更新したいと思います。

f:id:TailEnder:20200827234517p:plain

 8月で特別な一日といえば終戦記念日ですね。でも今年ばかりはいつも通りというわけにはいかなかったようです・・・・。

 もっとも先の戦争を厳粛に受け止めている沖縄の有力紙沖縄タイムズですら、「そんな大切な日に、新型コロナウイルスが影を落とす」と伝えています。

www.okinawatimes.co.jp

 全国戦没者追悼式や、戦争体験者が自らの体験を若い世代に語るイベントも規模の縮小や中止を余儀なくされたそうですね。

 個人的に申し上げるなら、昭和40年代に生まれた者として、祖父母や父、母から伝えられた ”戦争” について、これからもしっかりと娘に伝えようと思っています。託された記憶のリレーはわれわれ日本人のDNAにきっと刻まれていくでしょう。そして終戦から復興にかけても味わうこととなった苦労や、ささやかな幸せも併せて必ず伝えたいと思っています。

 

<本日の戦後>

 

運命の一日

 終戦記念日から二週間が経って、夜明け少し前などには開け放った窓から秋の気配が忍び入る、そんな今日この頃ですが、この国にとって大きな紆濤が起ころうとしています。

dot.asahi.com

 

 この憶測を受けて、もう嬉しくて仕方のない方がいーっぱい、

 

blogos.com

dot.asahi.com

 あまりにも嬉しすぎて、室井佑月以上に筆が弾み過ぎたのが麹町文子(たぶんオッサン)のこれ、

www.j-cast.com

 読めない方には残念ですが、こんなタイトルでした。内容は想像してね♪

「"世界の嫌われ者"文在寅にも完敗…史上最長、最悪、病弱、無能総理・安倍晋三の末路(プレジデントオンライン)」

 ふーん、タイトルって編集部がつけるんだ、知らんけど。

 

 なお今回の件で始末に負えんのは、今や関西一胡散臭いこいつ(東京生まれの東京育ち)が、ある意味もっともはしゃいでやがることかな、アーッうざい!

f:id:TailEnder:20200827233935p:plain
news.yahoo.co.jp

  当然のように、この卑怯者は上のツイートを削除?ちゅうか見つからん・・・・。武道家(自称)なんやろ、自分で言い出したことなんだから受けとめてみせろやっ!

 しっかしこの人、あくまでも他人の褌で相撲を取り続けるという、そういう人生ってどうなんっすかね・・・・、まぁええわ。

 

 当たり前のようにお隣さんも注目、

www.chosunonline.com

 大きなお世話やろって?いいえいいえ、だってこんなこと平然と言う人が日本にいるし、

www.donga.com

 

 辞める辞めろと鬱陶しいがっ、一番具体的なのがこいつのこれ、

 

  ホンマ嬉しそうで腹立つが、麻生に跡目を託そうとする安倍と、菅を担ぐ二階との対立ですって、初耳ですが具体性があるので買います。

 同じ朝日でもこういうのも、

 

  えっ、続投・・・・? ただ、安倍応援団からもこの記事、

www.fnn.jp

 まぁ、そういうわけで、今日の会見には要注目です!17時からですのでお見逃しなく。

 もしご紹介した方々のお望み通り退陣となったら、自民党媚中の二階の天下となり、中国頼りの経済界の後押しを受けて、年明けの習近平訪日が実現するのでしょうね。

 もし総選挙で立憲民主が勝ったとしても、当然のことですが、枝野、小沢の最大のスポンサーは中国ですから結果は同じ。

 というわけで、日本は中国の一省としての道を歩み始めることになると思います。合掌

 

昨日のそれって阪神

 地元甲子園で三連勝、五割復帰!

 そりゃ、Jokerの二人(糸原、北條)の始末を終え、福留、糸井からスタメン剥奪し、球児を落とし、ボーアは六番固定で楽に打たせてるわけなので当たり前の結果です。

 しっかし、である。ファームのホークス戦観てたら、3番内川、4番バレンティンですって・・・・。FAで来ていただいた地元のスターも、セリーグから強奪した外人強打者も、結果が駄目なら平気で二軍に叩き落とせるというこの体制というか組織・・・・。まったく見事の一言に尽きますな。一体どんな契約内容なんやろ、一度でいいから拝ませて欲しいもんです。ホンマ、強いはずですわ。こっちは福留も糸井も、たとえ1割切っても一軍やし、定期的に使わなあかんからね。

 

先週のラグビー

 8ヵ国対抗やって有頂天になっていた自分が恥ずかしい。

www.yomiuri.co.jp

 もちろん協会はまだダンマリですが、駄目を押すようにこれ、

www.sponichi.co.jp

  おい、別カード模索って、もしアルゼンチンなら前も言ったけどサッカーとやってること同じやぞ・・・・。ライト層にサッカーとの違いを見せなくて、そこに活路があるなんて思うなよ。おまえら日本協会のお役人どもは、8ヵ国対抗という伝統国からの千載一遇のお誘いさえ平気で見逃す腰抜け野郎として歴史にその名を刻みそれを背負い、”日本社会人ラグビー協会”という魔空間の主として生きて行って下さい。

 森、清宮、チェーンジ!

f:id:TailEnder:20200828005920p:plain

なんだかんだ

 二週間ほど更新をサボっていた間に、まぁいろいろとあったなぁ。香港では周庭さんが10日に逮捕されました。覚悟はされていたようでしたね。でも、許章潤教授も先月7日に逮捕され、六日後に釈放されていましたので、ここで大騒ぎするのはやめようと思いました。つまり、一週間ぐらいで釈放されるだろうと踏んでいたのです。一喜一憂してはむしろあちらの思う壺かと。実際、こういう人もたくさんいたしね。

  いやぁ、凄いわ、先生様から見たら、間違いなく私らは ”未開の国の住人” で、あちらさんのお国は ”天国” っすか、うわぁ、ホンマ清々しい、抜けるような青空を見た気分だぞっ♪  これこそが言論の自由であり多様性の醍醐味なのでしょうね、超参考にしまぁーす!

 とりもなおさず周庭さん、翌日には釈放されましたのでほっとしています。

 きっとこれからも何度かこのやりとりがあるのでしょう。許教授の容疑が買春でしたから、仮に周庭さんが薬物所持やその常習で収監されたとしても、決して我々は驚いたり騒いだり、そしてむやみに悲しんだり憤ったりしないことです。それがあちらの狙いですし、それにそもそも我々にその資格はないのです。日本は中国に対して香港の件で何の行動も起こしていないに等しいのだから。

f:id:TailEnder:20200817001339p:plain

 台湾では高雄市長補選で民進党が圧勝。もともと伝統的に民進党が強い地域なだけに特段驚きはありませんが、二年前の市長選では親中派の韓国瑜が勝利を収めたことは記憶に新しいところ。人の気持ちは移り気なものです。一瞬の気の迷いですら人から人へと伝染し大きな紆波となることを肝に銘じましょう。あの民主党政権がどのように誕生したのか、この機会にもう一度思い起こすべきです。

 信じるべきもの、信じるに値するものが何であるのか・・・・。香港や台湾を通じて改めて学び直しましょう! まさに今、我々の胆力こそが試されているのです。

 

本日の瀬踏み

 

韓国の動き

 東シナ海の日本の排他的経済水域(EEZ)内で海洋調査をしていた海保測量船が、韓国公船から中止を要求されたそうです。領海問題もありますが、閣僚の靖国神社参拝に対する反応の一つと受け止めたほうが良さそうです。

 これからの5年間については、極力こちらから揚げ足を取られるようなことは避けた方が良いと思うなぁ・・・・。嫌な言い方ですが、なるべくは国際的に良い子ちゃんでいるべきです。

 だからというのではないのですが、朝鮮半島の植民地支配について、”暴力と搾取の暗黒の統治” などではなく、日本の朝鮮統治は ”フェアで公平で穏健” なものだった、とか、そもそも ”植民地ではなかった” とか、もうそんなこと言う人ほとんどいないとは思うのですが、念のため木村幹教授のご高説の在りかを貼っておきます。

www.php.co.jp

f:id:TailEnder:20200817012209p:plain



 興味のある方は買って読んでください。まぁ、一言で言えば、書かれていること全部が正しいと思います。実に単純明快に日本の朝鮮半島植民地支配について書かれています。尺も短いので立ち読みもお薦めです。

 東シナ海尖閣竹島を巡っては、どうせ決着などつかないのだからプロレスしとけばいい、そう思います。

 

河野が止まらない!

  これよ、これ。これでいい。まずはこの姿勢、ここから始めるべき!

茂木も止まるな!

www.news24.jp

  こっちは今月末にまとまるかも。期待しましょう!

  われわれの、そしてこの国の目指す方向性について、少しずつで良いので明確にしていって欲しいものです。

 

先週のラグビー

 依然沈黙を続ける日本協会。盆休みと見た。まぁ、私も他人のことは決して言えんっすな。

 国内における強豪天理大でコロナのクラスターが発生したことを深く鑑み、8ヵ国対抗参加は謹んで見送ります、とかそういうのだけはやめてな。あんたらが乗り気じゃないのは薄々みんな感づき始めてるから、もっと尤もらしい理由を探してくださいませ。

 そんな遅々として前に進もうとしない国を置き去りにするように、世の中は動いています。

www.sportspromedia.com

  27年のラグビーW杯はオーストラリアが本命で、ロシアが大穴。アルゼンチンも狙っているのだとか。正式な決定は再来年の5月で、なんでも、そこで31年の開催国まで決める方針なのだそうです。”15年常連国イングランドと19年途上国日本” を一括りにして一気に決めた、その再演を狙うのですね。つまり、27年のオーストラリアと31年のアメリカ初開催をバンドルにして決まり、みたいなことまで書かれています、ほんまかいな、知らんけど。

  でも、オーストラリアでは心細いな。国内の支持も人気もないでしょ、もうどうしようもないぐらいに・・・・。NZとの共催をお勧めしたいが、それでは旨味がないっちゃないわな。

  しばらくは様子見です。

 

昨日のあれこそ阪神

 ひっどい試合でしたね。もうアホかと・・・・。

 何でショート木浪、セカンド北條ができんのでしょうか? まぁ、北條がメソメソ言うてるんでしょうな。

f:id:TailEnder:20200817025614p:plain

シリーズ 目を据えて瞼に刻みたい映像 ④

 日韓関係異常なし、そんな一日でした。

 こっちから何もする必要はないので、あっちが動くのを待ちましょうや。

 

<本日の待つわ>

 

やるじゃないか河野!!

  お見事です! 仰せの通り。ぜひこの映像を瞼に刻み焼き付けてくださいませ。

 中国や北朝鮮はもちろん、韓国からも日本は仮想敵国であるらしいというのに、何故、中国や韓国の理解を必要とするのか、そのロジックを、ぜひ東京新聞の一面で解説していただきたい! 必ず買うから。読んでみたいわ。

 しっかし、東京新聞は社を上げて、韓国海軍艦艇による火器管制レーダー照射事案をお忘れなのか・・・・?

 防衛に関しては、何をするにしても中国・韓国の顔色を伺うこと抜きに身動きが取れなかった、そんな時代は平成を最後にしましょうや。この国が敗戦国であること、我々昭和生まれの人間は決して忘れはしません。でも、次の世代がそれを引き継ぐかどうかは彼等の判断に委ねたい。そのためには、まずはなるべくフラットな議論をするためのプラットフォームが必要。河野大臣、これからも地均しをお願いします! 

 

昨日の君だけさ阪神

f:id:TailEnder:20200804222818p:plain

 原監督、お見事です。失敗にこそ終わりましたが、あれで巨人の選手、そしてベンチも引き締まりましたわ。

 こっちはこれまで何度も大山にバントじゃないの、って場面がありましたが強行して高めの糞ボールをブンブン振り回してましたっけ・・・・。

 それと糸井、チェーンジッ!

f:id:TailEnder:20200804223921p:plain

 

運命?!の8月4日

 この数年、常に不穏で不安定な日韓関係、今日、新たにアップグレードされるようです。

f:id:TailEnder:20200803224427p:plain

 いわゆる元徴用工問題について韓国の最高裁が日本企業に賠償命令を出し、資産(株式)を差し押さえた、その命令文の効力が本日付で発生するのだとか。なんだか台風上陸前夜のようで、少しワクワクしますね。

 じゃぁ今日この国で、具体的に何が起こるのかというと、たぶん何も起こりません、なんやそりゃ・・・・。

 地上波のニュースワイドショーあたりが何を言うかは知りませんが、たとえ韓国の裁判所が株式売却の命令を出したとしても、日本企業が律義にそれに従うわけはないので、恐らく不服申し立てという流れになり、対象の株式は非上場株なので売却の完了までに数年かかるそうです。なので、日本としては遺憾を表明して終わりでしょうね。

<本日のなんやそりゃ>

 

謎の国 韓国

 韓国との関係については毎度のことながらよくは判らんので、どっかのタイミングで一度自分の中で整理したいといつも思っているのですが、嫌韓本を出せば売れるという昨今、韓国の ”今” を伝える情報は世に溢れており、逆に誰の何を信じればいいのか判らない、というのが実情。韓国に知り合いもいないし、行ったこともないし行きたいとも思わんし、つまり日韓関係を通じてしか韓国について知りたくはないという、まぁ、あっちも同じかどうかは知りませんが、当世の日本人気質なんてこんなもんでしょ。

 そんな私が一番参考にさせていただいているのが木村幹教授です。何よりおしゃべりなところや、内田樹あたりをしっかりとインチキ野郎と見抜き噛み付くところも良い。それにツイッターを通じて常に情報を発信しようという、そのサービス精神にも好感が持てる。ので、この方のコラムなどはなるべく目を通すようにしています。実際、私が思うに、恐らく今韓国について最も理解している有識者の一人だとも思う。

 しかし、である。出版された専門書やニュースコラム、時折BSを中心にテレビにも出演されて韓国について伝えて下さるのは有難い限りではあるが、なんせ難しい、というか解り難い。韓国について何から何までご自身が判っておられる故なのか、我々が興味本位で眺めているだけであるとお見通しだからか、生来の天邪鬼的な性格が災いしているからなのかは判りませんが、彼の書くこと言うことはとにかく判り難い。

 専門家の直向きな研究に対して、素人が直感でケチをつけるというのではないのです。教授の仰る内容の正しさは伝わってくるのですが、読後に何かしっくり来ないのですわ。起承転結の四コマ漫画の順番をアベコベに読まされたような・・・・。

 多分、教授の性格や筆力は置いておくとして、そもそも彼は韓国についてしか書いてはいないので、結局、そこに原因があるのかも。 

 韓国について、どうもよく判らん、そういう方多いのではないでしょうか? 

 おまえのドタマの程度の問題だろと言われるとまったくその通りなのですが、嫌韓本や木村教授の専門書が売れる理由もそこにあるのではないかと。

 これはあくまで個人的な感想ですが、日本人と韓国人って、これほど距離的に近く、ぱっと見もこれだけ似ているというのにまったく異質な人種のように感じています。韓国を訪れたことも、一人の友人もいない自分にこんな風に言い切る資格などないことを百も承知で続けるわけですが、これまで五十年以上生きて来て、大阪で生まれ阪神間で育ち、子供のころから在日の子がクラスに一人は必ずいて、普通に仲良くやって来て、まぁ、お隣の半島のことは少しぐらいはと思い歴史をつまみ喰いし、映画「伽耶子のために」を観るため封切の日に徹夜で並び、日韓ワールドカップでは韓国のベスト4をかなり怪しいなぁと思いながらもスペインやイタリアと互角に戦ったことは事実であり、同じアジアの民としてリスペクトし、死ぬ前に食べたいものはと訊かれたら、迷わず鶯谷園の上ロースの塩を梅肉ダレでと答える、そんな私ではありますが、やっぱり朝鮮半島の方々を理解するのは無理だと思っています。

 似ているからこそほんの少しの違いが許せない、ってな言われ方もしますが、どうもそういうのとも違う気がするんだよなぁ・・・・。取り敢えず、今日何が起こるのか、見守りましょう。

 日韓関係、本日更新です!

 

先週のラグビー

 8ヵ国対抗ですが、大本営である協会には動きなし・・・・。

 うーん、揉めているのでしょうね。年明けに予定している新リーグ開幕への影響とか、そもそも大会中の選手への給料は誰がどれぐらい払うのとか、確かに課題は山積。大変とは思いますが一つのアウトラインにはなる。協会トップである脳筋の二人の真価が問われてくると思います。頑張ってもらいましょう。

 でっ、日本の参加を含めた大会自体の信憑性については、先日フィジージョージアでやると報じた「Irish Times」からもこんな記事が出ていました。

 

www.irishtimes.com

 記事の中でも日本の参加について触れ、去年のワールドカップの成功を最大限活用できるようワールドラグビーが熱望している、ってなことも書かれています。今日あたり何か新しい動きがあるかもしれませんね。こちらも前向きに見守りましょう。

 

一昨日のそれ行け阪神

f:id:TailEnder:20200804001350p:plain

 一昨日何とか勝って五割復帰。かなりいい感じです。

 先週の六試合、2勝3敗1分と、一つ負け越しましたが、水曜からの対戦相手、原→高橋→上茶谷→今永→平良 の五人は、次から次に全員ほぼベストピッチをしてきました。これでこの星勘定なら上出来ですわ。

 7月に入って一気に借金を完済できたのは、相手が勝手にコケてくれるという幸運に恵まれたからなのですが、そんなのいつまでも長続きはしません。一転して先週からガチの勝負が続いています。そして今週もその流れは続くようです。今日から首位を独走する巨人を甲子園に迎えての三連戦、その初戦の相手は球界のエース難攻不落の菅野。どんなピッチングをしてくるかではなく、ポイントはこっちの反発力。今年の阪神のウリは逆転できること。菅野相手にそれができるのか注目です。

 最後になりますが先週神宮での藤浪、良かったですね。腕が結構下がりましたが、若干インステップに戻した結果、何故かフォークが落ちるようになりました。そういえば、村田兆治もスリークォーターやや上ぐらいでしたね。前々から仲間内では言っていたのですが、良い時の藤浪はフォークで空振りが取れるのですよ。それがファールになったり前に飛ぶようになると赤信号です。

 プロ入りデビュー戦も神宮でしたが、初陣を白星で飾ることは叶いませんでした。雄平にフォークをものの見事にスタンドに放り込まれ敗れたのが今でも印象に残っています。以来、ストレートとスライダーのコンビネーション投手のように思われています。でも本当はそうではないのです。

 ある程度コントロールが落ち着いたら、次はフォークが最も落ちる腕の位置を探す旅に出て欲しいものですな。 

 海の向こうでは大谷の投手生命が危険水域に達した気配・・・・。思いきって打者一本で行こう!

 四年ぐらい前までは何かと比較された二人。今はそんなことを思い返す人もいません。

 なんでも、”運”というものの総量は決まっているのだそうです。嫌な言い方ですが、藤浪の逆襲、始まるかもしれません。二人の戦いはまだ、点差はどうあれ5回表裏が終わったあたりなのですから。

掌返し!

 いやぁ、参りましたわ。

 昨日、8ヵ国対抗から日本が外れたらしい、ってな話を書きましたが、それを予約投稿した三時間後ぐらいでしょうか、こんな記事が出たようで、しかもBBC様。

www.bbc.com

 BBCならばってことなのか、それを受けて国内のメディアも後追い、

rugby-rp.com

 日本を含めた8ヵ国でやる方向で進んでいるそうです、良かったーっ! そりゃそうやろ、それでこそヨーロッパの各協会も潤うわけで、興行や商売のこと考えたらそうでなきゃいかんでしょ。

 11月のイギリスとの時差は9時間。現地お昼の2時試合開始だと、こっちは夜の11時です。日本との時差を優先させて、わざわざ真昼にやってくれるのかと思われるかもしれませんが、冬至直前のマレーフィールドの午後2時だったら十分黄昏て来ているので夕方みたいなもの、何の問題もありません。そしてこっちはといえば、土日で23時開始ならW杯でついたニワカの皆さんにも、それほどストレスを感じずにLIVEで観ていただけるのではないかと。だからスポンサーは引く手数多でしょ。良いこと尽くしじゃありませんか。

 ただBBCの記事を読む限りですが、まだ一波乱ありげな含みを持たせているので、そこが少し気懸りかな・・・・。なので、まだ手放しでは喜べません。掌返して協会を誉めるのは次の機会に譲りたいと思います。

 

 昨日の例の阪神

 阪神ついに ”貯金1” の壁を突破しました。向こうの先発があまりにも御粗末だったとはいえ、この強さ結構本物だと思いますよ。 

 今年の阪神の中で、守備面で最も進化したのが木浪です。

f:id:TailEnder:20200728214216p:plain

 あの守備なら、2割8分、12、3本打てば、彼を ”Joker” 呼ばわりすることはありません。昨日の固め打ちで乗って行って欲しいですな。まったく非の打ちどころのない西郷直伝の今の打撃フォームを続けることができたなら、長打はもっと出ると思います。楽しみにして下さい!

 最後はやっぱり昨日のヒーロー、わしらのボーアでしょ。またしても見事なグランドスラム、しかもサンズまで続いてアベック満塁弾! そういえば昭和にそんな謎掛けがありましたな。所謂、”これからの阪神と掛けまして~”  ってやつですわ。ほんま言うことなし。

f:id:TailEnder:20200728221353p:plain