Till Eternity

どこよりも遅く、どこよりも曖昧に・・・・

第104回選手権大会 雑感Ⅰ

 早いものであれから一週間以上になりますね。

 今年の夏の大会は見どころも多く面白かったと素直に感じました。なので、そう口にしてみたところ、嫁からこんなリプライがありました。

 「そうね、夏祭りも盛り上がったものね ♫」

 ・・・・そ、そうなんですよ。うちの近所の夏祭り、というか盆踊り、三年振りに開催されるというので、大会前でしたから八月の頭か七月の終わりだったと思うのですが、嫁と娘とで行ってきました。

 大して広くもない公園に凄い人、というか人だかり。盆踊りも気合入ってましたわ。また露店に並ぶ並ぶ。公園の緑を囲むように四十ぐらいの店がひしめき合っていたのですが、どの店も長蛇の列。売ってるものはしょうもないのにね、値段も割高やし。だから5m進むのも大変。

 しかし凄い人出やな 、そう思いながらも、私はというとずーっと二人に撤収を切り出すタイミングを見計らっていたのですが、そんなん私ぐらい。みんな楽しんでましたよ、もちろん嫁も娘も。

 でっ、方々から「人凄いな」とか、「盛り上がってるわ」とか、そういった言葉が飛び交っており、決まってその後に続くのが「三年ぶりやもんなぁー!」でした。

 ・・・・そう、恐らくはそう。俺の夏の甲子園が盛り上がった理由、それは久しぶりだから。普通に戻ったから。入場制限を外して、お客さんをまともに入れて開催したのは三年ぶりだから、そうそう、それだけ、ええ・・・・。

 でもねっ、やっぱ面白かったと思うんだ。選手の出来栄えは普通で、決勝戦もワンサイドだったけど、深紅の大優勝旗白河の関を超えたし、下関国際のアップセットがダブルであって、辛口の私でも80点はつけられる良い大会でしたよ。

 この盛り上がりいつ振りか、自分の中で遡ってみたのですが、ここ五年で一番盛り上がった第100回の”金足旋風” よりも上だと思う。真剣、早実vs駒苫 の88回以来ではないか? もちろんあの大会は玉三郎海老蔵と喩えられた二人の主役がいたので、空前絶後、特別な大会でした。まぁ、あそこまでは行きません、差はかなりあるかもしれないが、それぐらいの面白さはあったと思うのです。

 今大会の注目度、こんな記事もあります、

prtimes.jp

 

 大会の流れとしては、決勝が 前橋育英vs延岡学園 の組み合わせだった13年に似ていたかな。しかし面白さや大会終了後の余韻は比べるべくもない。

 優勝した前橋育英は接戦をものにして勝ち上がったため、試合の内容自体は間違いなく今大会の覇者より上でした。たとえば、常総戦は紙一重を制したもので、 今回の仙台育英の各試合と比べても質は高かったと思う。荒井さんのキャラも良かったし、なにより親子鷹もあった。でも、それでもやはり今大会のほうが閉幕してからも後に残るものが断然ある。理由、それは決勝を戦った二校とも監督が良かったからでしょ。

 たぶん、あの二人の監督についてもっと知りたい、そう思った方が多かったのではないかと。実際こんな記事が、

wedge.ismedia.jp

 この雑誌、野球自体ほとんど取り上げませんのにね。

 須江さんいついてはこれ、

www.asahi.com

 こうしてインタビューの全文公開なんて聞いたことないわ。

 

 後出しじゃんけんになりますが、両監督については大会前から注目はしていました。いや、注目というよりもウオッチしていた、って感じか。

 今回は坂原さんについて書かせていただきますが、いろいろと中国地方の野球に詳しい方から情報があって、実はそのすべてが持ち上げる話ばかり。それらを額面通り受け止めて良いのか、そこを悩んでいた。というのは、その方は広島の人なので・・・・。

 広島の人は”地元愛”、”広島愛” が半端ない。延岡学園の重本さんについても絶賛していて、「間違いなく名監督になる!」 みたいなこと言っていたのです、ええ。

 なので18年の初出場時の坂原監督についても、ほぼ同じ感じでフルスロットで絶賛。ブレーキはかけないまでも逡巡する私・・・・。

 やりとりは以下の通り、

広島人:「坂原監督はすんごいんよ、もともと下関国際はぶち酷い高校で、それを立て直したんよ。一人で、たった一人で!」

私め:「ま、まぁね、でもそういう問題のある高校の野球部を強くするって、結構あったりしない?」

広:「なんじゃぁ、うたがうとるのか? あんた、いっぺん来て見てみりゃあええ!」

私:「いや、疑ってなんかないんだけど、ほら昔からあったじゃない、不良校を強くした監督って。」

広:「そりゃどこなんじゃ!」

私:「うーん、旧くはヨタ高、横浜高校がそうだし。渡辺さんの物語は有名。最近で問題という意味では、クラーク記念国際なんかもそうだしさ、京都国際もそう。でっ、下関国際っていう流れ・・・、あっ、みんな国際がついてるわ、今気がついた。神戸国際も入れて甲子園国際四天王、み、みたいな・・・・(苦笑)」

広:「そがなあどうでもええんよ!下関国際は特別なんよ。地元の人からは極道養成学校、そう言われとったんやもん。それを広島から飛び込んで、更生させて甲子園でベスト8。たいしたもんよ!」

私:「そりゃ凄い、そこは間違いないんだけど、それを言い出すとさぁ、履正社だって福島商時代は酷くて、エテ商なんて呼ばれて、”あの学校にはいったいどうやったら入れるんかいな?” なんて地元では言われてたわけで、それが今じゃ101回大会優勝校・・・・」

広:「そがなあどうでもええんよ!アンタもわからん人やねぇ。わしが言うから間違いないんよ!」

私:「そ、そう言われりゃ返す言葉もないんだけどさあ・・・・」

 まぁこういうやりとりを四年前から延々繰り返してましたわ。譲れないわけではないのですが、札付きのガッコウを強くするっていうのは、中京商や浪商から続く高校野球にとっては古くからの切っても切れない普遍の流れ、いわば古典。だから今更不良校下関国際を立て直し、甲子園に連れてきた坂原監督、というストーリーを素直に受け入れて、それで驚けよと言われてもねぇ。

 ただ、彼から聞いたこの一節には驚かないことはなかった、

「あんねぇ、下関国際はねぇえ、スポーツ推薦で入って寮生活で早朝から深夜まで、一日中野球しかしてない選手の方が、一般生徒よりも定期試験の点数がええんよっ!

 え、えーっ、*:゜☆ヽ(*’∀’*)/☆゜* α%×$☆♭#▲*☆*:;;;:*☆*

 確かに、下関国際は凄い高校のようですね。

 まぁそういうわけで、私なりに坂原監督についてはどう評価していいのか、彼からの情報だけではなく、かき氷や文武両道の否定、相手校を挑発するような発言も含めて、この四年間悩み続けておりましたが、今大会で結論は出ました。坂原さん、素晴らしい監督です。いい感じでバカに仕上がってますわ、ええ。

 続きは明日以降で。

祝 仙台育英全国制覇!

 仙台育英おめでとうございます!

 去年は優勝に推した名電が一回戦で敗れるという失態があっただけに、なんとか面目を保つことができました。今心底ホッとしています。

 しかし、仙台育英の優勝をここで書いたのは8月12日。

tilleternity.hatenablog.jp

 つまり大会六日目までは正直判りませんでした。来年はまず全国の出場校が出揃った段階で当ててみせます。そしてゆくゆくは予選が始まる前には優勝校を予言できる、そんな神の眼を持ったなおっさんになります。

 

 今年もいろんな野球バカを観れて楽しかったです。最後はやはりカバが勝ちましたね。

 繰り返しますが甲子園の勝利の女神はカバ顔がお好きなんです、ええ。

 個人的に申し上げるなら、須江監督にはかっての名将である故尾藤さんの面影が宿っているようで、就任当時から注目していました。

 尾藤さんが春夏連覇したのは37歳の年回り。そしてそれが最後の優勝となり、以降の尾藤さんの監督人生は決してご本人や周囲が描いていたようなものではなかったと思われます。われわれファンも、名将の早過ぎる晩年を嘆いたものです。もっと箕島の起こす奇跡を、ドラマを、そして名勝負が観たかったのです。

 須江さんは39歳での初戴冠となりました。この先、私が須江さんに何を託そうとしているかは書くまでもないでしょう。全国のバカどもと切磋琢磨して名将と言われる監督を目指して欲しいものです。

第104回選手権大会 決勝戦

 ついにその日が来ました。泣いても笑っても後一試合。

 ここまで来てあれこれ言うのは野暮というもの。下関国際は勢いで行けるとこまで行けば良い。

 一方の仙台育英は、半数は二年生ながら ”来年のチーム” だとか、”最後は三年生の力で” なんてことが少しでも頭に過ったら負ける。最後のチャンスだと思って総力戦で掴みに行け!

 本日 14:00 プレーボール!

 乞うご期待!

第104回選手権大会休養日 三度目

 「大阪桐蔭無双」、「打倒大阪桐蔭」で迎えた今大会。ご存じのように決勝の組み合わせは、仙台育英 VS 下関国際と相成りました。これを予想できた方がいたら、夜通しで話を聞きたいもんですな。まぁ私なんかにはまだまだ無理ですわ。

 個人的にはここまで十分に楽しめました。元は取ったので、優勝は勝利の女神に決めてもらえればそれで良いと思っています。できれば優勝旗が白河の関を越えて欲しい、そう願ってはいます。今大会に入って何度もここで申し上げていますが、勝利の女神は実は大変にカバ顔がお好きなんですよ、ええ。

 いろんなところで話題になっている大阪桐蔭の三重殺。大前君には気の毒でした・・・・。敗戦を独りで抱え込まなければ良いのですが。ここで鈴木は安パイみたいな風に書いてしまって、実は少しばかり責任を感じています。

 鈴木は予選五割打ったのですが、初戦では二つエラーを重ねました。失点には結びつきませんでしたし、昨日今日で評価の変わる選手ではないと踏んでもいました。しかし蓋を開けたら二松戦と同様、準々決勝のスタメンからは外れた。コンディション不良を差し引くるなら、私が見てもそうなのですから西谷さんも物足りなく感じていたのかもしれませんね。鈴木はミートは巧いのですが、鋭い打球を飛ばせるのは大前、そういう判断ではなかったか。

 結果、大阪桐蔭ナインがどことなく浮足立っていたような感じはありました。そして・・・・。

 野球、というかスポーツの持つ残酷性をまざまざと思い知らされたシーンでした。

 野球は団体スポーツですが、こと打席や守備においては個人の責任を何かと負わされたり問われたりしがち。反面、それは野球の醍醐味でもあるのです、難しいな。

 言うまでもなく野球には仲間がいます。いわば戦友でもある。彼はこの先一生あの三重殺を抱えていくことになるのでしょう。ぜひ周りは大前君を支えてあげて欲しい、そう願います。

 あの場面、鍛治舎や高嶋なら間違いなく次のイニングから代えてます。西谷さんは連覇よりも大切なものを知っている、そのように思った次第です。勝利の女神が何度も微笑むはずやで!

第104回選手権大会 準決勝

 泣いても笑っても今大会は後三試合。今年は残った四校すべてに味があって良いですね。

 日付の変わった今しがた各校のHPを覗いてみましたが、ベスト4をしっかりとアピールできているのは仙台育英近江高校。やっぱり経験のある2校は仕事が早い。初進出の聖光と下関国際は、そこまで手が回ってはいません。人手はほとんどが現地に張り付いているのでしょう。だからどうってわけではないのですが、各校の舞台裏を垣間見る思いです。

 しかし考えてみれば、自前のHPで報告しなくても、ネットがテレビが、そして新聞雑誌が、次から次へと校名を全国に向けて発信し続けてくれるわけですから、そもそもそんな必要ないのかもしれません。一体どれだけの費用対効果があるのやら、誰か検証してくれないものか。恐らく各校の経営者たちは今頃算盤弾きながら、こりゃやめられへんわ、そう嬉しい悲鳴を上げていることでしょうな。寄付云々以上に、来年の受験者数が楽しみですね ♫

 聖光と下関国際については、確かにここでヒール認定をしています。しかし、今後地元にどのように受け入れられていくのか、そこにも注目していきます。

 特に下関国際の坂原監督の好感度は上がりっぱなし。もしかするとこの夏一番輝いたのは彼ではないか。私はこの一ヶ月間高校野球以外見てないので、世間の動きはまったく知らんのですが、仮に今国政選挙があって、立件民主から比例で出ても、彼なら間違いなく当選するでしょう、ええ。

 特に大阪桐蔭勝利後のインタビューは良かった。最初の1分の間に ”本当に” が七回も出ました。まさにこの瞬間のためにこれまで闘ってきた、その思いが凝縮された内容であったように思います。

 ここ十年で最も私の胸を打った勝利監督インタビューは、99回大会、準決勝東海大菅生に延長の末勝利した直後の花咲徳栄岩井監督へのものでしたが、今回の坂原監督はそれを越えたかもしれません。野球しかできない男のバカ加減が哀しいまでに、否、可笑しいまでに伝わってきました。この男が付属幼稚園のマイクロバスの運転手となって、選手を乗せて遠征に出ていたという姿を想像するだけで、インタビューの一言一言が私の胸に突き刺さりました。

 今日下関国際が勝つかと言われると難しいように思うのですが、もうそういうレベルではないようにも感じます。一昨日の9回に突如甲子園で沸き起こったスタンドからの万来の拍手を、この秋、西京きずなスタジアムで再現できれば、その時下関国際は地元に受け入れられたことになるのではないでしょうか。

第104回選手権大会 十三日目

 大阪桐蔭敗れました。ちょっとあっけなかったかな・・・・。このあたりに西谷さんの限界を感じます。といっても、過去の実績について綾をつけているのではないのです。ぜひに高嶋元監督の甲子園勝利数(しょーもない記録)を抜いて欲しいと願う。でもそこじゃないのですよね、私が物足りなく感じてしまうところって。

 やはり最終回、あっさり三人で終わったのはどうなのか? 誰が見たって実力は今大会のチームの中で頭一つ抜けていたわけですから、その意地を観たかった。王者としての、才能集団としての、そして三年生としての。もっと言えば名勝負が観たかったのですよ、こっちの身勝手な我儘でしかないのですが。

 まぁ、選手たちは重圧の下でこの半年間大変だったと思う。今はお疲れ様としか言いようがないのですが・・・・。

 実は去年の夏、「大阪桐蔭再来年あたりから五年ぐらい駄目かも。」ってなことを書きました。

tilleternity.hatenablog.jp

 今年まではボーイズ、シニアの超スター軍団なのです。来年の面子も悪くはないのですが、前田以外は飛び抜けてはいない。甲子園に来るのも苦労しそうな気がします。

 思ったようなリクルートができなくなったのか、それともしなくなったのか、恐らく後者と睨んでいます。理由は上の記事でも書きましたが、学校側が野球部を特別扱いしなくなったから。

 今の校長の野球部に対する理解が足りないのと、西谷さんとは先代の校長ほど合わないというのもあるそうで、まぁどうなるかは判りませんが生暖かく見守りましょう! などと書いてるはなからこんな記事が、

bunshun.jp

 西谷さんをヒール扱いする気はないのですが、大阪桐蔭が、特にあのリクルートが大人しくなることは、少なくとも高校球界にとっては良いことだとは思うのです。

 

 先日、今年の夏のテーマは ”表” が「打倒大阪桐蔭」で、”裏” が「継投」だと書きました。でっ、昨日もその裏のテーマが命運を分けた気がします。

 もうこれ以上大阪桐蔭については書きたくないのですが、今年は、前田、川原、別所の ”ローテーション” のチームでした。つまり「継投」のチームではないのです。だから昨日は頭から前田が正解だったと思う。

 一方の下関国際の継投は完璧でした。それが勝因かと。

 また高松商の継投も拙かった。エース渡辺の投入はもっと早くても良かったと思う。長尾さんには少し失望しています。

 一方、仙台育英の須江さんの継投も見事。この勝利で優勝がぐっと近づいた、そう確信すると同時に、佐々木さんの復活の目は遠のいた、恐らく高嶋のその可能性の方が高いでしょう。

第104回選手権大会 十二日目

 遂に8強対決! 高校野球オタにとって最も熱くなる日と言っても過言ではございません。私も今日だけは万難を排し休みを取りました、ええ。なのに天気はというと無茶苦茶悪くて、夜中だというのにさっきから大雨警報のアナウンスとサイレンが定期的に街中に鳴り響く始末。そして時折稲光も・・・・。海沿いの甲子園はこんなもんじゃないかも。本日の第一試合は悪天候阪神園芸の息詰まる一戦となるのではないでしょうか? まさに吹けよ風、呼べよ嵐、って感じ。

 というわけで期待と不安が入り交ざった興奮状態なのですが、本日の試合について触れる前に、クールダウンも兼ねてまずはこれ、

mainichi.jp

 だから言ったじゃないの。この輩については一年以上前からここでは叩き続けてきました。

tilleternity.hatenablog.jp

tilleternity.hatenablog.jp

 日本スポーツ界を食い物にする外道が遂にお縄ですわ、メデタシメデタシ。

 この輩、アヴェランジェ王朝真っ只中の80年代には既に、その大番頭だったブラッターと直接やりとりできる唯一の日本人でした。つまりFIFAとは昵懇の間柄。

 そして90年代に入り日本はW杯招致に向けて動き出します。当然その核となったのは電通。にもかかわらず、2002年W杯は日韓の共催となりました。

 この件について、私は未だに腑に落ちないでいるのですが、上の記事はそれを検証をしようと二、三回続けてみて、挙句頓挫したものです・・・・。まぁそのうち暇を見つけて続きを書きます、ええ。

 でも、恐らくそんなものよりも、来週の文春や新潮、また先月から逮捕目前をすっぱ抜いていた読売が特集を組むでしょうから、そっち読む方をお薦めします。

 ただ一つだけそれらの記事に願い事をするならば、東京五輪招致の件だけで終わって欲しくはない。この輩が一番この国に、そして我々国民に舐めた態度を取ったのは、間違いなく2002年W杯を巡る一連の騒動ですから。AOKIからの五千万とか、そんなはした金ではございませんのでね、ええ。こいつと電通は間違いなく国を売った、この嵐の夜明けにそれだけは申し上げておきたい。ほんま万死に値する、そう思うのです。電通にも文字通り命を削って日本単独開催に奔走した方がいただけにね・・・・。

 というわけで、本日の甲子園はこの十年の間で一番面白い戦いが繰り広げられると期待しています。結果は恐らく、仙台、高松、大阪、福島が勝つと思ってはいます。しかし1試合目と2試合目は紙一重。それだけにドラマがあるのではと。ほんと楽しみですわ。

 でっ、一昨日書いた ”打倒大阪桐蔭のシナリオ” について、半分以上寝ながら書いたので、補強しなきゃ、そんな風に思いました。実際読み返してみると確かに文章は酷い、画像とかも無茶苦茶やな。がっ、言いたいことはあんなもんですね。今日の下関に足許を救われることはないと思うので、おいおい書き足しますね。