Till Eternity

どこよりも遅く、どこよりも曖昧に・・・・

こないだ速報 21/11/16

 また十日以上サボりました・・・・。自分が嫌になります。毎日更新出来たら1万アクセスとかほざいたのはどの口やねん! 自分が恥ずかしい、反省しています。しかも次回はロッテのドラフトについてですなんて前振りしといて、今回も「こないだ速報」でお茶を濁す始末。ほんとスイマセン。
 この二週間について少し書くと、実は先週急遽家を空けることになりまして、ほとんど東京におりました。それで更新が滞ったと。そもそも自宅でしか更新できないのがあかんのでしょうが、こればっかりはどうにも。なんか上手い手はないものでしようか。というわけでいつものようにまずは自分にボヤいて始まりましたが、もう少しばかりのお付き合いのほどよろしくお願いいたします。

 東京は久しぶりだったのですが、なんと申しましようか、大阪生まれの阪神間育ちながら、人生の半分は東京暮らしなので、基本東京は好きな街です。都会だろうが田舎だろうが少しでも滞在すれば、新しい発見というか気付きがあるもの。でっ、今回のそれは何かというと、東西線に乗った際に扉の上のモニターのCMにこれを見つけました。

 

f:id:TailEnder:20211115212340p:plain

 

 こういうのはTVのCMでも流れているのでしようか? 地上波は全く観ないのでわからんのですが、もしかすると似たようなのが大阪でもやってるのか・・・・。

 とりあえず私は初めてでしたので少しばかりサプライズでした。古い漫画をそのまま白黒で使ったところなんかが特に。

 ちなみに「あしたのジョー」と「巨人の星」、どちらも名作ですが、50代の私でもリアルタイムでは読んでいません。私らの世代にとってのスポーツ漫画といえば「ドカベン」とか「おれは鉄平」でしようか。つまりポストスポ根って感じか。なのであの二作は少し上の世代の作品。このあたりの層をターゲットに、今さらCM打ったりなんかしないので、なんかこれって面白そうでしよっ、っていう雰囲気を狙ったものか。キャラも滅茶苦茶立ってるし。

 確かに名作中の名作なので、読み継がれたくさんの読者を今もなお増やしているのでしょうが、果たしてあのCMを30代や20代、そして学生さんが眺めて何を感じでくれるのか、非常に興味がありますね。
 それとCSで無残に敗退し、東京の巨人ファンは減る一方でしようから、あのCM見て巨人にあらためて関心を持っていただければ、そうも思いました。この前逆指名について書きましたが、結局は巨人人気復活に向けてなんかないか、っていうのが取っ掛かりなんですよね、ええ。

 阪神フアンは負けてもサインを盗んでも、オリックスが優勝しても減りません。燃えないゴミみたいな奴等ばっかりで構成されていますから。一方巨人フアンはというと、そうはいかんのでね・・・・。

f:id:TailEnder:20211115213704p:plain

 昔の漫画に話を戻しますと、この流れがそうそう続くとは思いませんが、ぜひこういう扱いでリバイバルしてもらいたいのがあります。実は私、自分のHNを “冥府白道” にしています。自己紹介のところにも出しています。お気付きの方も多いのでしょうが、これパクリです。何をパクっているかといえば 「子連れ狼」。かなり好きです。今読んでも泣ける。だから、というわけですが、ぜひこれもCMで流して欲しい、あの精緻な劇画のコマ割りで。
 私の一連の妄想というのは特に勝算はないものばかりなのですが、なぜそんなことを言いだしたかといえば、今を時めく 「鬼滅の刃」 との共通点が結構いろんなところで語られているのですよ。鬼滅は読んだことないので、細かいところはわからんが、どうやら、あの手の濃厚な漫画を再び読んでいたたく土壌が整い始めたのではないかと。なので、「子連れ狼」の再評価、ぜひにお願いします。

f:id:TailEnder:20211115215428p:plain

 次に先々週の話なのですが、こちらもいろいろとあったなあ。本当はこの一節で終わらせたいところであるが、やはり書いておくことにします・・・・。
 まずよりによって、地元甲子園での不甲斐ない試合の二連発。最終戦との抱き合わせでこの三試合はいかにも阪神のダメっぶりが凝縮・濃縮されており、普段は五倍に薄めてお鍋のスープに使ってくださいね、間違ってもそのまま飲んじゃいけませんよ、っていう内容でした。

 最後の口ハスの豪快な空振り終戦は、今や伝説のカークランドの例のやつが重なりましたわ。まあ折り込み済みだったとはいえ見事である、天晴!

 こうなってくると、今年の前半彗星のように現れた超大物であるところの彼女の高笑いが聞こえてきそう。味わい深いので貼っておくことにする。

f:id:TailEnder:20211115221544p:plain

 甘んじて受けとめましょうぞ。これからも最高のコメントお願いします!

 因みに、巨人敗退後の掌返しも見事、

f:id:TailEnder:20211115231400p:plain

 

 次は秋の東京大会の決勝戦、二松が九回裏二死三点差から久我山に捲られました・・・・。

www.sponichi.co.jp

 こつちは真剣に期待してしていただけに、観ていて鼻血が出ましたわ・・・・。

 布施の続投は市原さんらしいといえばそれまでだが、仮に選抜出場が叶った場合、かえってなんにも反省しなさそうなので、もう出さない方が良いでしょうね。

 二松は夏の予選決勝で十連敗するぐらいの実力の持ち主。言ってみれば何が起こっても文句は言えまい。しかし9回裏二死からとはこれまた新しい。まあ私が応援するからダメになるのかもしれませんけどさ。


 最後にラグビー日本代表のヨーロッパ遠征、アイルランドに60-5で惨敗・・・・。

www.nikkansports.com


 先日、わざわざ大分に行ったけど収穫はなかった、というようなことを書きました。確かに蕨戦は残り5分まで4点差なので、粘ったようにみえますが、ゲームは蕨が完全にコントロールしていて危なげなかったっすよ。だから欧州まで恥かきに行きよるわい、そう思ったところのこの結果。ポルトガル戦も酷かった。スコツ戦はなんとか50点ぐらいには収めて欲しい。

 まったく04年の遠征の悪夢が甦ります。何が悪いって、去年オータムネーションに参加しなかったこと。経験値が全く違っています。なんだかんだ言ってもサンウルブス効果は前回はあった。つまりこれは協会の責任。ほんまに底抜けの無能やで。というのはこんなんもありましたわ。

www.sponichi.co.jp

 これなんて日本協会はまったくの平常運転。いつもの光景。関西協会も負けず劣らずの9696パーの集まりなので、今さら文句言ったところで何言ってんだよ、って感じなんですが、この件に対するコメントが奮ってます。

f:id:TailEnder:20211115223852p:plain

 まずは対抗戦在りきの馬鹿らしさは言うまでもないのですが、そもそも去年、繰り上りを主張しない関西協会こそがアホですわな。萩本も中尾も関西ラグビーのことなんかなんも考えてない。関西ラクビー協会ではなく、あれは同志社ラクビー協会なのです。去年同志社コロナによる辞退の際、目の前が真っ暗になって関西学院の繰り上げなんて頭の片隅にも浮かばなかったんでしょうな。因みに萩本は04年の悪夢の欧州遠征の引率係という名の監督です、ケッ!

 そして言うまでもなく日本ラグビー協会は早明ラグビー協会。お互いに自分のことだけしか考えてないからこうなる・・・・。でっ、実はここまで先週下書きしていたのですが、そしたら三日前に突然これ、

www.sponichi.co.jp

  同志社がリーグ戦早々に二敗で選手権絶望になったので急転直下! まさに同志社救済策。はっきり言おう、日本ラグビー協会はその根っこまで腐っている。

 日本代表を強くしたいのなら、プロフェツショナルラグビー協会を作って、一刻も早く出ていくこと。なにせ協会の連中ときたら、母校のそのついでにちょこっとぐらいは日本代表のことが気になるかな、って程度の奴らの集まり。早明同のOB連の天下り先でしかないのです。まったく見苦しいにもほどがある・・・・。
 ということで今日はここまで、次こそロツテのドラフトを、お楽しみに!