Till Eternity

どこよりも遅く、どこよりも曖昧に・・・・

野球

おめでとう山梨学院!!

山梨学院が初優勝、というか山梨県勢が春夏決勝に進むのも今回が初。そして優勝。お見事です。指揮を執ったのは言うまでもなく吉田洸二。 甲子園二校Vは四人目の快挙。ですが二校とも県勢初というのは初。まさに偉業。今後も破られることはまずないと思う。…

森下ウォッチャー回想記 最終回

ついにNPBが開幕します。森下がスタメンでプロデビュー。しかも虎のユニフォームで・・・・。感慨深いものがありますね。 こいつはやる、東海大相模時代から足掛け五年に渡ってそう言い続けてきましたが、失笑を買うことも多々ありました。特に大学二年、…

仙台育英散る!

うーん、自信はあっただけにまだ信じられません。 この春の仙台育英は強いチームというよりも負けないチーム。今日も持ち味出ていましたが・・・・。 先発仁田が全てなのでしょうが、仁田は怖くて二番手以降では使えなかったので、結果としての先発だったの…

センバツ前半戦雑感

先週始まったセンバツ、早や前半戦が終了。今大会は結構面白い試合が続いているのですが、すっかりWBCの裏に回ってしまい影が薄くなった感は否めません。まぁ、野球で世間が盛り上がっているのですから、愚痴を言うと罰があたりそうですね、ええ。これ以…

WBC 日本野球 世界制覇!!

日本が世界一を奪還! まだ実際に観てないので何とも言えないのですが、タフなゲームだったようですね。しかも最後は大谷とトラフトの一騎打ち! 梶原先生でもそこまでは書きますまい。水島某ならあるかもしれませんが・・・・。 今日は報知も含めてスポーツ…

【こないだ速報】WBC 日本勝つ! センバツ四日目

いやぁ、日本勝ちましたね。 実は朝用事があったので、渋々外に出ていたのですが、なんだかんだ言って切り上げて、どうにか家に辿り着いたら既に8回表。一点のビハインドで、しかもマウンドにはなんと湯浅・・・・。 「もう一回りしてくるわ!」 思わず席を…

第95回センバツ 三日目

智辯和歌山がまた初戦で敗れました。波乱ですね。 www.daily.co.jp 二期連続の初戦敗退。これでますます高嶋復帰に現実味が帯び始めたように思います。そういえば去年の夏も同じようなこと書きました、ええ。 tilleternity.hatenablog.jp 西谷さんに歴代最多…

第95回センバツ 二日目

待ちに待った春の甲子園が遂に始まりましたが、ちょっと拍子抜けでしたね・・・・。 まず関西は未明から雨が結構降って、延期かな、でも阪神園芸がいるから、って感じで雨音を聴きながら寝ました。結果、開会式から時間をずらして決行。とはいうものの、朝か…

第95回センバツ 展望

今日から待望の第95回選抜大会が始まります。桜の蕾同様期待も膨らみます! これほどまで選抜が待ち遠しかったのは何年振りでしょうか。WBCの喧騒をよそに、私は高校野球に引き籠る所存です。何が楽しみって、まずはヒール校が少ない。たったの一校、智辯…

当世大学野球リクルート事情

世間の話題はWBCというか、大谷一色って感じですね。やることなすこと、それらすべてがほぼ無条件で好意的に受け止められ赦されます。たとえばペッパーミルパフォーマンス、居酒屋やファミレスなどのテーブル上にそれは据え置かれていますから、時節柄、…

球春到来 若手投手定点Check

前回の続きというわけで、今回はキャンプを通じて目を引いた各球団の期待の若手投手編。ですが、その前にこれ、 まぁ、この時期になると恒例なのですが、今年も酷いな、週ベの選手名鑑の表紙の選手の選び方・・・・。 これを本屋やコンビニで見て、手に取っ…

祝キャンプ終了 若手打者定点Check

また一月ぶりの更新となりました。そろそろ本気出します。選抜も始まりますしね、ええ。 それではキャンプも無事に終わり、オープン戦も本格化します。というわけで若手選手の定点チェック。今回は打者編です。 <本日のそろそろ本気> 阪神 大巨人軍 中日 横…

アマ野球ウォッチャーの本懐

足掛け5年にわたって森下をウォッチしてきたわけだが、贔屓チームへものの見事にドラ1での入団の運びと相成った。ドラフト会議がエンディングの舞台ではなくプロローグという、夢のような物件である。こういうケースは正直あまり記憶にない。 追っかけ続け…

2022 ドラフト検証 ストップウォッチ編 Ⅱ

明日からキャンプイン。去年のドラフトの話をできるのも今日まで。 ということで昨日の続きである。 1.内田 湘大(利根商 ⇒ 広島) 0:56 50秒台ということは、恐らく想定通りか。 無名ながら、内田は個人的に蓋を開けたら二巡目の上の方で指名されると踏ん…

2022 ドラフト検証 ストップウォッチ編 Ⅰ

というわけで、去年のドラフトの検証、ストップウォッチ編です。 何をしたかというと、2位以降の指名が、一つ前で指名したチームから何秒掛かったのか、早い話それだけ。ウエーバーなので、競合指名は出来ない。つまり既に名前の挙がった選手以外から指名し…

2022 ドラフト検証 コロナ明け嘆き編

また一ヶ月ぶりの更新となってしまいました・・・・。 思い起こせば3年前のGW明けから始めた当極北のブログ。当時はコロナが蔓延し始め、在宅勤務も増えて通勤時間もなくなり、これなら行けんじゃねぇ、そう思って始めました。 あれから早いもので二年半の…

2022 ドラフト 検証 ぼやき編

いやぁ、また一ヶ月サボりましたが、その間、遂にコロナに罹患、しかも妻も娘も!一家そろって十日ほど自宅に引き籠りを余儀なくされ、一応会社に義理立ても必要ということで、ブログの更新は自粛いたしました。 しかしその間、日陰の身としては暇を極めたの…

2022 阪神ドラフト 振り返り Ⅲ

必殺の文春砲来ました! bunshun.jp 勝負に出ましたね。仰せの通り公選法違反ならば、クビで良いんじゃないっすか? でっ、当然こいつもバンドルでな、 林芳正外相”悲願の総理就任”に待ち受ける「3つのハードル」①「人望」②「勝負勘」③「女性関係」それ以前…

2022 阪神ドラフト 振り返りⅡ

なんかウクライナ戦争、終わりが見えて来ませんね。ウクライナの停戦条件はクリミア半島込みで元に戻してもらう、それが大前提になりますから、そうなると長引くでしょうな。まぁ、当たり前のことを言ってるわけで、世間も大方そう見ているのでゼレンスキー…

2022 阪神ドラフト 振り返りⅠ 一部訂正

すでに旬を逸した感はあるのですが、アストロズのWS優勝で今年のベースボール界は幕を閉じました。 www.sanspo.com ご存じのようにアストロズは過去にサイン泥棒をやっておりました。がっ、潔くそれを認め、そこから三年で正真正銘の世界一に駆け上がった…

森下ウオッチャー回想記 Ⅳ

松山遠征初日、松山城に大観覧車くるりん、子規堂、石手寺などを散策し〆は道後温泉で旅の疲れを癒すという完ぺきなプランニングで妻と娘を接待した私は、翌日の旅程について、「よーし、明日は 坊っちゃんスタジアムでも行っちゃうー?」そう明るく切り出し…

森下ウオッチャー回想記 Ⅲ

日本シリーズも佳境に入りましたが、ドラフトネタには不自由しません。特にこれには驚いた方も多いはず。 www.ronspo.com この疑問に対する答えじゃないか、というのがこれ、 www.youtube.com まぁ話半分ですが、いろいろとあるのだろうとは思います。ウラが…

森下ウオッチャー回想記 Ⅱ

なんだかんだであれから四日。ドラフトネタは一区切りで、球界は日本シリーズで宴も竹縄って感じなんですかね、知らんけど。 もちろん天邪鬼の私はといえば、相も変わらず指名選手の姿をここまで録りためたアマ野球の動画の入ったHDDから必死になって探し出…

森下ウオッチャー回想記 Ⅰ

阪神ファン兼ドラフトオタのみなさん、お疲れさまでした。一昨日は興奮して、もしくは落胆で寝つきが悪かった方も多かったのではないでしょうか。まぁ私はというと、比較的ゆっくりと眠れましたけど、その代わり朝は早めに目が覚めましたね。やっぱりスポー…

阪神森下爆誕!

まだ夢を見ているようです・・・・。 三年前、一年の春で大学侍JAPANに選ばれたとの報を受け、森下を観に松山へ行った日のことを思い起こします。 森下は 三年前から、”やらかす奴” 、そう言い続けてきましたが、まさかうちに来るだなんて。江越がいなくなっ…

2022 ドラフト 完全予想

まぁそういうわけで、完全予想とさせていただきました。 しかし昨日、ヤクルトが吉村を、楽天が庄司、中日が仲地の1位指名をそれぞれに公表。もう予想なんていらんやろ、そんな雰囲気がドラフトオタどころか、ライトな野球ファンの間にも流れているように感…

2022 ドラフト 大社編 など

今回は大社編。昨日の段階で、今年の1位には高校生が三人(浅野、斎藤、イヒネ)が決定。恐らくそこに松尾、内藤が加わると思われるので計五人。残りの枠は七。ということで大社がそこを埋める計算となる。 すでに矢澤は日ハム、蛭間は西武、曽谷がオリック…

2022 ドラフト 高校生編 Ⅱ など

なんだかんだでドラフトまで一週間を切りました。マイペースを旨とはしているものの、後三度は更新したいところ。なので足早に進めたいと思う。 それでは高校生編の続きをどうぞ! <本日の足早> 松尾 汐恩(大阪桐蔭) 捕手の上位指名に物申す! イヒネ・イ…

2022 ドラフト 高校生編 Ⅰ

というわけで9月は全休と相成りました。この極北のブログに脚を運んでくださる奇特な方々も、今回ばかりは見切りをつけたのではないか。つまりそれなりにではあるが、いてくださった有難い読者を失ったということ。だが後悔はない。気分が乗らない時は筆も進…

第104回選手権大会 雑感Ⅰ

早いものであれから一週間以上になりますね。 今年の夏の大会は見どころも多く面白かったと素直に感じました。なので、そう口にしてみたところ、嫁からこんなリプライがありました。 「そうね、夏祭りも盛り上がったものね ♫」 ・・・・そ、そうなんですよ。…